車の売り買いで失敗したくない!安心して取引する為のコツ

>

車の売り買いでトラブルを起こさず安全に取引する為に

販売店は実際に足を運んで見るのがベスト!

中古車販売店はたくさんあって一つ一つ見に行くのはなかなか大変ですが、ここは面倒臭がらず、時間を掛けて実際に見に行きましょう。
店の雰囲気、展示してある車の様子、店員と話した時の態度などチェックし、少なくとも3店舗は回りたいところですね。
地域によっては近くに販売店がなく、ネットで調べて遠方の販売店を探さざるを得ない方もいらっしゃると思いますが、そういった場合は電話で問い合わせを行い、店員の応対を確認しましょう。
店員の対応が良く、丁寧な説明があって購入を考えても、必ず実店舗に行って話を聞き、車の状態を確認した上で可能であれば試乗を行いましょう。
とても労力の掛かる作業かもしれませんが、ここを怠ってトラブルに発展しては元も子もありません。
焦って勢いで決めてしまわないことが重要です。

怪しいと感じたら契約を進めない

販売店によってはすぐに契約をするよう迫られたり、こちらの質問に対して細かい説明がなかったりと、何か怪しさを感じることがあります。
その場合、不正を行っており通常より高い値段で売りつけようとしている可能性があります。
走行距離が長い車、事故車で修復歴がある車は高く売れない為、メーターを改ざんしたり修復歴を隠して販売するという手口ですね。
見分けるのが難しいところですが、とにかく車のドアを何度も開け閉めして違和感がないかを確認したり、ボンネットを開けて中をじっくり見るなどして細かくチェックを行うと良いでしょう。
良い販売店であれば、扱っている車に対して自信を持っている為、好きなだけチェックさせてくれますし、事細かに車に関する説明をもらうことができます。
もし嫌な顔をされたり、チェックをさせてもらえないようであれば、その販売店で契約せず、すぐに他の販売店へ行きましょう。


この記事をシェアする